国際恋愛

「外国人の恋人ができると英語が上達する」のは本当?私の経験はこんな感じ

Designed by Freepik

外国人(イギリス人)の彼と恋人になり、現在1年半ほど経ったYokoです。

「英語がうまく話せるようになりたい!」というと、「外国人の恋人を作るのが一番早いんじゃない?」とよく言われてきましたが、恋人を作るだけで本当に英語は上達するのでしょうか?そんな疑問に、実際の経験談を交えてお答えしていきます!

英語は間違いなく上達します(ただし日常会話が英語中心の場合のみ)

Designed by Freepik

日本在住のイギリス人の彼と付き合い始めて1年半。体感として、付き合い始めた当初より私の英語はかなり上達しました。

ちなみに彼は日本語も少し話せますが、レベルは日常会話のみといったところ。(挨拶や簡単な単語)なので、日常の恋人間の会話は主に英語を使っています。そして、私の英語レベルも正直そんなに良いわけではなく。。付き合い出した当初は、その日話すことをメモして練習してから会っていたようなレベルでした。(笑)

そんなレベルの私でしたが、日常会話が英語となると、話さないわけにはいきません。

彼の具合が悪いときに初めて”symptom(症状)”という単語を使って覚えたり、夏の暑い日に彼が”dehydrarion(脱水症状)”という単語をよく使ったので自然と覚えたり、なんか健康系が多いですが、、それ以外にも数え切れないくら新しい単語を覚えました。そして、彼の言っていることも付き合い始めた当初は半分程度しか理解できなかったのが、今では90%以上は理解できるようになりました。

もし相手が日本語を上手に話せる場合、こうはならなかったと思います。

英語が上達できたのは、彼のことが好きで伝えたいことがたくさんあったし、彼のことも理解したいと思う気持ちが強かったおかげでもあります。

 

しかし、英語が上達しない原因もあります!

Designed by Freepik

こんな場合は英語が上達ないかもしれません。

 ・お互いのことを理解しすぎている

 ・間違った英語でも相手は理解してくれる

 ・ボキャブラリーが偏ってしまう

 

お互いのことを理解しすぎている

付き合いが長くなると、お互いのことを知り尽くしてしまうので、相手が全てを伝えなくてもなんとなく相手の言いたいことを理解できてしまいます。これは素晴らしいことですが、じっくり会話をする機会が減ってしまうかもしれません。

英語を上達させ、関係も長続きさせるには、付き合いが長くなっても会話を楽しもうと思うことが大事。私たちのカップルは基本的にテレビを見ないので、食事中はゆっくり会話を楽しむように心がけています!

 

間違った英語でも相手は理解してくれる

こっちが間違った英語を使っても、大きな間違いではない場合、大抵相手は意味を理解してくれます。日本語が拙い外国人が日本語を話すときも、単語だけでなんとなく言いたいことはわかりますよね。付き合っている相手が英語の先生という場合は別かもしれませんが、相手の言葉の間違いをいちいち指摘していたら、ケンカになってしまいます。

そのため、多少の間違いは指摘しないので、間違った単語やフレーズを使い続けてしまう。なんてことも。心配な場合は、相手に「英語は間違っているときは教えて」と一言伝えておくといいかもしれません。

 

ボキャブラリーが偏ってしまう

同じ相手と付き合っていると、日常的に使う単語も偏ってきます。私たちのカップルは健康志向が強いので、健康に関する単語を使うことが多く、そのおかげでたくさんの単語を覚えました。しかし、これが例えばサッカーの話となると別です。私の彼はイギリス人ですがサッカー(イギリスではフットボールですね)には全く興味がなく、私も同じなのでサッカーに関する英語はわかりません。

このように、1人の人のみと付き合っていると、どうしてもボキャブラリーの偏りが出てきてしまいます。これを避けるためには、お互いの友達を誘って集まる機会を作る、恋人以外で外国人の友達を作る、など工夫をしていくことも大切です。

 

「外国人の恋人ができると英語が上達する」本当の理由とは

 Designed by Freepik

 

結論として、外国人の恋人ができると英語は上達しますが、それはあなた次第

一番重要なのは、好きな人には思っていることを伝えたいと思う気持ちと、伝えようと自らが努力していくこと。

外国人と付き合うということは、言語の違いとも付き合うということを意味します。言語の取得には終わりがないので、挫折しそうになることも、違いが原因でケンカになることもあるでしょう。しかし、大事なのは相手のことが好きという気持ち。

愛さえあれば乗り越えられないことはありません!

少なくとも私はそう信じています。