国際恋愛

イギリス人男性の特徴とは?彼氏がイギリス人だと感じる10項目

Designed by Freepik

 

イギリス人の彼氏と出会ってから早2年。彼は日本の生活が長いので日本人化していますが、、(笑)たまにイギリス人男性の特徴が顔を出します。そんな「彼氏がイギリス人だと感じる瞬間」を実際の経験から10項目まとめてみました。

 

一般的に言われるイギリス人男性の特徴とは?

さて、一般的なイギリス人男性の特徴と言えば「紳士的」「上品」「皮肉屋」などと言ったところでしょうか。日本人と似ているなんて言われることもありますが、似ている部分もあれば、違う部分も多い。実際の特徴はこんな感じです!

 

イギリス人男性はレディーファーストが当たり前

日本人男性でレディーファーストが身についている人はあまり多いとは言えませんが、イギリス人男性はレディーファーストがデフォルト!ドアは必ずと言っていいほど開けてくれますし、シャワーや食事も女性を優先してくれます。これが日本人男性との一番の違いかもしれません。

 

恋愛は慎重派

欧米では恋人を選ぶとき、「デーティング期間」というものが存在します。(詳しくはこちらの記事「デーティング期間とは?恋人になるまでそれぐらいかかるの?」をどうぞ)

しかし、これは主にアメリカでの話で、イギリス人男性はいたって真面目で慎重。(もちろん例外もいますが)同時に複数の異性とデートすることをいいとは思わず、もちろん浮気もNG!私の彼は「浮気したら別れる」と断言しています。

ちなみに彼と付き合うまでには半年のプラトニックな期間があったので、彼は特に慎重派のようです。

 

女性(彼女)には知性を求める

ウィットに富んだ会話が好きなイギリス人。いくら美人な女性でも、楽しい会話ができないと対象外となってしまうようです。実際に私の彼は、私がたまに無知な発言をすると「ちゃんと勉強した方がいいよ」と諭してきます。(笑)

 

皮肉なジョークがお好き

アメリカンジョークと言うと、わかりやすく、ボディーランゲージを使って笑いを誘うようなイメージですが、イギリスのジョークは皮肉たっぷりでわかりにくい。主に会話の中にサラリとジョークを挟んできます。あまりにも自然すぎて、たまに彼が言ったジョークが理解できず、聞き流してしまうなんてことも。。。

 

空気はしっかり読む

この部分は日本人と似ていて、イギリス人は基本的に周りの目を気にするので場の空気を読みます。欧米人は思っていることをすべて発言するというイメージは間違い!しかし、自分の意見は曲げないので周りに流されるということはありません。

 

言い方が回りくどい

イギリス人は空気を読むので、人に何かを伝える際はオブラートに包み、相手が傷付かないように配慮する傾向があります。このため、意見を言うまでの前置きが長くなり、言い方も回りくどくなってしまうのです。

 

割り勘がデフォルト

日本だとデートや食事代は男性が多めに払うのが暗黙の了解のようになっていますが、イギリス人は割り勘にする男性が多いのです。特別な時などに多少多めに払ってくれたり、プレゼントを奮発してくれたりはしますが、デフォルトは割り勘。これは男女平等の精神が強いヨーロッパならではかもしれません。(【経験談】イギリス人男性の結婚観は?日本人とは違う5つの特徴

 

自分なりの紅茶の淹れ方がある

イギリスと言えば紅茶。でも、紅茶といえばアフタヌーンティーなどのイメージで、女性が嗜むものだと思っていませんか?いいえ、男女ともに紅茶が大好きなんです!実はイギリスで日常的に飲まれるのはミルクティー。そして、その淹れ方やミルクの加減にはそれぞれの自分ルールがあるんです。イギリスでは”it’s not my cup of tea.(私の好みじゃない)”という言い回しもあるほど、紅茶は日常に馴染んでいます。

 

ビールの味にやたらこだわる

日本はビールといえば「生ビール」ですが、イギリスのパブでは様々なビールを飲むことができます。日本のビールの主流は「ラガー」で、少し苦味があるのに対し、イギリスの主流は「エール」でフルーティーな印象。年齢が上の男性にはギネスなどの少しスモークの効いた「ダークビール」が人気のようです。そしてイギリスのパブではぬるいビールが普通!日本はキンキンに冷えた生ビールが一般的なので驚きましたが、イギリス人に言わせれば「ぬるい方が味がよくわかる」そう。これは確かに納得できます。

 

アウトドアが好き

雨の多いイギリスなのでインドアなイメージがあるかもしれませんが、実はアウトドア好きが多いんです!雨が多いからこそ、晴れた日を大切にしているのかもしれません。休日は公園でくつろいだり、サイクリングに出かけたりと自然と触れ合うデートが一般的。